西塘と粟国島の関わり〜NPOたきどぅんのブログから

Home > 西塘と粟国島の関わり〜NPOたきどぅんのブログから
竹富のNPOたきどぅんのブログでおもしろい話題があったので紹介します。
以下はそのブログをそのまま引用しました。

−「坊主墓」島北部を南北に縦断するミシャシ道と東桟橋
→カイジ浜間の外周道路の交差点から15mほど西へ向かった北側の茂みの中にあります。NPOでは半年に1回、定期的に除草作業を行なっています。
この「坊主墓」は、お坊様が島に来るのが珍しかった時代、石垣島からお坊様が焼香に来ていたことに由来するそうです。さらに、伝承によると西塘様の妾の墓とも母の墓とも云われています。それは…

1 墓の外枠は野面積みではなく切り石を使用している。
2 外枠の切石の質が他の墓と異なる
3 墓中央部に丸い造作物が安置されている。

坊主墓について以下のような記述があります。

〜およそ20年前、知人が沖縄本島から私を訪ねて来た。
その女性が言うには、八重山にある尚真王の妻の墓が草に覆われているので清掃をして欲しいと夢の中で頼まれた。それで、八重山に来たが、墓は見つからず途方に暮れている。墓探しに協力していただきたいとの依頼であった。
私は、尚真王は赤蜂(オヤケアカハチ)の敵であり、八重山に尚真王の奥方の墓があるとは考えられない。また、そのような話は聞いたこともないと丁重にお断りをした。
それから4年後、私は史蹟名勝担当主事として、県教育庁文化課に勤務した。そのとき、西塘についての不思議なことを語る人物に出会った。その人が言うには、西塘は実は竹富島の人ではなく、粟国島出身の母親の子であった。彼女は、首里城勤めのグスクンチュ(城人)であったが、尚真王の子を身ごもったので島流しになり、竹富島にたどり着いて西塘を産んだと 言うことであった。
《中略》 
その墓は、八重山産の粟石の布石を積み上げた個人墓であり、西塘の墓とされる西塘御嶽の本体部分と同じ石材、同じ造りであった。しかも注目すべきは墓石の中央に球形の石が置かれていることであった。

〜 (寄稿「西塘と尚真王」玉城憲文氏(玉津博克氏の体験談)/全国竹富島文化協会編『星砂の島第6号』特集 西塘 57頁)

→ブログも見てください。http://blog.takidhun.org/?day=20070723
 

いまの粟国村 平成26年11月30日現在

人口:758人(男410 ・ 女348) / 世帯数:454

 
(c) Aguni Village, All Rights Reserved
沖縄県 粟国村役場
沖縄県粟国村字東367番地 TEL:098-988-2016 FAX:098-988-2206