島の宝「凝灰岩」

Home > 島の宝「凝灰岩」
粟国島は元々は火山の島で、島の南西側には火山灰が積もって出来た凝灰岩の崖があり、英国のホワイトクリフを彷彿させます。

その凝灰岩のことを、地元では「コーヒチャー」(粉をひくような柔らかい石という意)と呼んでいます。

HP内でも紹介されている「トゥージ」(水溜)やお墓をはじめ、物がない時代には学校ではチョーク代用でもあったそうです。
その他、拝所の香炉にも使われています。生活の至る所で活用された凝灰岩は、粟国にとってまさに「島の宝」です。
 

いまの粟国村 平成26年11月30日現在

人口:758人(男410 ・ 女348) / 世帯数:454

 
(c) Aguni Village, All Rights Reserved
沖縄県 粟国村役場
沖縄県粟国村字東367番地 TEL:098-988-2016 FAX:098-988-2206